Vimのちょっと便利なコマンド


なんか下書きに保存してたのを忘れてた。
公開してみる。



  • Ctrl-V Ctrl-(任意のキー)
    • 制御文字を出す

「制御文字なんて日常的につかわねーよ」と思うかもしれないけど
例えば置き換えのとき

a,b,c,d,e,f

なんて行があってこれを

a
b
c
d
e
f

としたいときには、

V   (その行を選択)
:s/,//g

でできる。

はそのまま打ち込むんじゃなくてもちろんCtrl押しながらv、はCtrl + m。

  • di + { or ( or [ or < or " or '
    • それぞれの文字に囲まれた文字列のみを削除
  • da + { or ( or [ or < or " or '
    • それぞれの文字と、それに囲まれた文字列を削除

"test string"

↑この文字列の中身だけを削除したい場合di"とやればできる。

あと、最初の文字はd(削除)だけでなく、c(削除+挿入)、v(選択)も使える。


  • `` or '' 直前のカーソル位置に移動

編集中にふと行頭や行末が見たくなったら構わずgg or G。
確認したあと``で元通り。
もちろんggやGだけでなく色んな場合に位置がセットされるので
元に戻りたかったら試しに``してみるといいかも。


プログラミング関連

  • gf
    • のインクルードファイルを読みに行ってくれる
  • gd
    • 関数の中からを検索
  • gD
    • 関数の外からもを検索
  • ]# or [#
    • 前 or 次の#if, #ifdef, #ifndef, #else, #endifに飛ぶ
  • ]I or [I
    • を現在行より上 or 下から見つけ、リストアップ。

[I と ]I は最近知ったコマンド。
しかも検索行に#include "ファイル" が含まれてたら、
自動的にそのファイルを読み込んで検索してくれる!


  • Q
    • 整形
  • set spell
    • 文書を作成するときに自動でスペルチェックをしてくれる
  • ]s or [s
    • 前 or 次のスペルミスに飛ぶ

その他

:help!