Cilってコマンドが便利 - githubのIssuesのようなものをローカルで

via Cilを試してみた - mountain_dewの日記
(Cilのリンク先が切れてるみたい?なので一応githubのリポジトリのURLを貼っておく)

本文を引用させてもらうと次のようなツールらしい。

cil is a (Distributed) Issue Tracking System backed by your VCS.

ということで、Git等のVCSとの連携を前提としたツールのようで、興味を持ったので試してみた。

Cilを試してみた - mountain_dewの日記

インストール

aptからもインストールできるみたいだけど、
Perlのモジュールがわらわらとインストールされそうだったのでやめた。
個人的にPerlのモジュールはlocal::libを使ってホームフォルダ以下にインストールしてあるので、/usr/share/とか他のフォルダに微妙に違うバージョンをインストールされたくない。
ということでリポジトリからインストール。

$ git clone http://github.com/andychilton/cil
$ cd cil
$ perl Build.PL    # 多分いろいろモジュールが足りないと言われるので適時インストール
$ # 次のモジュールが足りないと言われたのでインストール
$ cpan Email::Date Email::Find Class::Factory Email::Simple File::Touch Getopt::Mixed
$ ./Build
$ ./Build test
$ ./Build install

使ってみる

次は「cil --help」した結果。

Usage: /home/takuya/local/bin/cil COMMAND [options]

Commands:
   init    [--path=PATH]
   add
   summary [FILTERS...]
   list    [FILTERS...]
   show    ISSUE
   status  NEW_STATUS [ISSUES...]
   label   NEW_LABEL [ISSUES...]
   steal   ISSUE
   edit    ISSUE
   comment ISSUE
   attach  ISSUE FILENAME
   extract ATTACHMENT [--filename=FILENAME]
   am      EMAIL.TXT [--batch]
   track   ISSUE
   fsck

Filters:
   --status=?
   --is-open
   --is-closed
   --label=?
   --assigned-to=?
   --is-mine

See <http://www.chilts.org/projects/cil/> for further information.
Report bugs to <andychilton@gmail.com>.

なんだか直感的に使えそう。
VCSと連携するって噂を聞いたので、試しに「cil add」でIssueを登録してみたら
自分のメールアドレスが項目中に出てきたので多分gitの設定を読んでくれたんだろう。
ちょっといろいろ弄ってみる予定。