近頃の.vimrc

こういうツリー構造で自分の思考を表すのが楽な気がしてきた。
マインドマップとかもたまに書く。
というか文章を書くのがめんどくさいだけだったりする。

  • プラグインの削除・追加
    • Vimana便利すぎる
    • でもやっぱりinstall-elisp.elとかauto-install.elみたいにVimからプラグインの操作ができれば一番いいと思ったり
  • statuslineいじった
  • AlterCommand w[rite] Writeしてreadonlyな時は上書きするか訊くようにした
    • prompt.vimが思ったより便利
    • prompt.vimプラグインというよりライブラリなので、いくつか設定例を出さないと有用性が分からない...
  • Vimperatorみたく:tでタブ開けるようにAlterCommand t tabeditとした
    • AlterCommand便利すぎる!
    • 最近kanaさんのプラグインばっか入れてるな...
    • あれ...こんな入れてたっけ...
    • Vimスクリプトの勉強にもなる
  • 素のインサートモードのが有用なことに気づいて、Emacsっぽいキーバインドに設定してる*1のでinoremap したり
  • リポジトリとかで管理してるプラグイン*2は.vim/+vcs/以下にシンボリックリンクを貼ることにして、.vim/+vcs/*を起動時にruntimepathに加えるような設定を書いた
    • これのおかげでリポジトリでgit pullしてくるだけで最新のプラグインが使えるようになった
    • ただしコピーする時にリポジトリの.git/以下をコピーしようとして盛大に遅くなる
    • 設定のコミットめんどい
    • 放置(いまここ
  • 他いろいろ
    • あと有用そうなVimのtipsとかプラグイン作成したよ的な報告はVimグループの方に書いてたり
    • ここで全部書いた方がいいような気もするんだけどなぜか分けてたりする

放置してて前回のコミットから変更点ありすぎる...
.vimrcとかいつも弄ってるので当然と言えば当然。
git add -pするのもめんどくさい...うわあああ


最近TODO増えすぎて困る...
Shougoさんもthincaさんもまったく同じようなこと言ってた気がしたけど、

  1. TODO消化
  2. 新たなTODOを思いつく

のループ。
いいことなんだけど、これ消化するのいつになるんだろう...
すぐにできそうなものから数年はかかりそうなレベルの妄想構想までいっぱい...


Perlで書くとこんな感じ。

while ($_ = shift @TODO) {

    # ...

    push @TODO, qw(機能追加 他プラグインとの協調 リファクタリング);
}

TODOリスト一個消化するたび2,3個ぐらい増えてるみたいな。どういうことなの...


あと他にも

  1. バグを発見する
  2. バグが報告される
  3. パッチが送られてくる

とか。
パッチが送られてきたのはすごくうれしかった。*3
これなんだけど、こんなごちゃごちゃしたところよくパッチ作ろうという気になったものだなと感心した。いや感動した。

*1:readlineのs・・・おかげで慣れた

*2:自分のも含む

*3:もちろんバグ報告も。