eskk構想 - 「っ」を含むローマ字からひらがなへの変換

skk.vimの構造について - Humanityをまったく自分でも見ていないことに気づいたので
今度からeskkの構想は別記事にするようにしました。
あの記事もそのうち分割する予定。


840 名前:名称未設定 [sage] :2009/10/12(月) 10:49:16 id:aWBTVDvV0
質問させてください。
以下のようなケースで変換がうまくいかないようなのですが、これは仕様なのでしょうか。

例えば「接した」と言葉を入力したいとします。

その場合、「SeSsiた」 と入力しようとするのですが、
単語の変換候補は示されず、登録を促されてしまいます。
現在は他に仕方なく「Sextuした」と入力していますが、
個人的に口語的な音感と入力内容に違和感をおぼえております。

その他にも察する、達する、なども同様です。

……これはAquaSKKの問題というより、
ひょっとして辞書側の問題または仕様だったりするのでしょうか。

当方の利用環境は以下のとおりです。
OS 10.5.8 : AquaSKK 4.0
ご教示いただけると非常に助かります。よろしくおねがいいたします。

842 名前:名称未設定 [sage] :2009/10/12(月) 11:23:45 id:c7bK3deV0
>>840
「SeSsi」の場合だと、 SKKアルゴリズム上「Se」=「せ」が読みがなで
送りがなが「s」で始まるエントリを探そうとするので候補が見つからない。
「察した」を「SaSsi」で入力しようとした場合に、例えば「挿っし」が候補に出るのもそのため。
そういう場合は「SesSita」で入力するのが SKK 流。
それに馴染めない場合は適当なキーに「っ」を割り当てるのがいいと思う。
自分は「z;」を「っ」に割り当てて「Sez;Sita」のように入力してる。

843 名前:名称未設定 [sage] :2009/10/12(月) 16:44:19 id:aWBTVDvV0
>>841,842
お二方とも素早くフォローしていただき、誠にありがとうございました。

仕様でしたか。勉強になりました。
L辞書を覗いてみても下記のとおり登録があるところから
なにか事情のかなと思ってはいたのですが……。

せっs /接/
ほっs /欲/
たっs /達/逹;異体字/
さっs /察/

>>842
> そういう場合は「SesSita」で入力するのが SKK 流。
> 自分は「z;」を「っ」に割り当てて「Sez;Sita」のように入力してる

うーん、、、。なやむところですが、
しばらくはSKK流に倣って、慣れてみようかと思います。
具体的なアドバイスに感謝いたします。

AquaSKKスレッド 3

ここらへんややこしいな。気をつけよう。
というかどうやって実装しよう。
特殊なケースじゃないかこれって。


...と考えたらそうでもなくて、
例えば変換時「se」はすでに変換されて、buftableのノーマルフェーズと送り仮名フェーズの文字列は

ローマ字: s
送り仮名: s

のようになっていると思うので、本体と送り仮名をくっつけてそれを変換して、

ローマ字: (「っ」に変換されたので空)
送り仮名: s

としたあと漢字変換する。
つまり送り仮名を受け取って漢字変換する前にもひらがな変換を忘れずに、ということだな。