open-browser.vim, urilib.vim その後

open-browser.vim

新たにg:openbrowser_fix_hosts, g:openbrowser_fix_paths, g:openbrowser_isfnameを追加した。
g:openbrowser_fix_hosts, g:openbrowser_fix_pathsはそれぞれ「http://twitter.com/tyru」の「twitter.com」や「tyru」などの部分をルールに従って変換してくれる。
g:openbrowser_fix_schemesのノリで追加したけどあんまり使い道はないんじゃないかと思う。
g:openbrowser_isfnameはカーソル下の文字を取得する((expand('')))時の一時的な&isfnameの値。
詳しくは:help 'isfname'を参照。

urilib.vim

APIの変更を行った。
と言ってもurilib#new()の引数を変えただけ。
id:thincaさんに「urilib#new()の第2引数を指定したらurilib#new_no_throw()みたいな挙動にするのはどうか」と勧められたので変えた。

あと「urilib#is_uri()」ってのも追加してみた。
ただurilib#new()に投げて例外返って来たら0、帰って来なかったら1を返すだけだけど。

とりあえず

兎にも角にもドキュメントだと思うので、いずれやります。