skk.vimにg:skk_jisyo_encodingとg:skk_large_jisyo_encodingというオプション変数を加えました

まだmasterにはマージしていません。
試してくれる方いらっしゃいましたら
http://github.com/tyru/skk.vim/tree/hack/variable/skk-jisyo-encoding
から「Download Source」を押すか
gitでブランチをcloneすると試すことができますのでよろしくお願いします。


(説明書くの面倒くさいので)以下helpをそのまま引用します。

g:skk_jisyo_encoding						*g:skk_jisyo_encoding*
                                        (初期値: "guess")
        辞書の文字コードを指定する。
        ユーザ辞書用。

        指定できる値としては
        1. "guess"
        2. |iconv()|や|'encoding'|オプションに指定できる形の
        文字コードを表す文字列
        3. 2の文字列を各要素に含んだ|List|
        がある。
        それ以外の不正な値だと警告を表示し
        初期値として再判定を行う。

        初期値だと
        1. euc-jp
        2. cp932
        3. iso-2022-jp
        4. utf-8
        5. 現在の'encoding'の値
        の順に文字コードの判定を行う。
        いわば >
        ["euc-jp", "cp932", "iso-2022-jp", "utf-8", &enc]
<		と同じような意味だが、
        vim6との互換性のために文字列の初期値が使われている。

g:skk_large_jisyo_encoding						*g:skk_large_jisyo_encoding*
                                        (初期値: "guess")
        |g:skk_jisyo_encoding|のシステム辞書版。
        詳しくは|g:skk_jisyo_encoding|を参照。


またVim7限定です。
またskk.vimはVim6でも動くように細心の注意を払ってコミットがされている(つもり)なので、
Vim6でエラーが出ないこともチェックしています。