quickey.vimで悩んでること

をなんとなく文章化してみる。


quickey.vim、ブログで紹介してから一度もコミットしてないんですが早くも悩んでます。
quickey.vimは「便利そうなマッピングを詰め込んだもの」
いわゆる「.vimrcの便利設定詰め込んだだけ」なプラグインなので、
いろんな設定がごっちゃになってるんですね。


もちろんそれぞれの設定は一個ずつautoloadファイルにしてるので
どれかをロードすれば全部ロードされるとかもないんですが、
なにぶん使う側からすればどんなマッピングがあるかわかりづらいし、
「なにをするプラグインなのか」が非常に曖昧です。


まぁそういう「ごった煮」プラグインvim.orgで何個も見てきているわけですが、
ほとんどがライブラリとして提供していて、しかもごった煮なので
ほとんど作者自身しか使っていないという「それ意味あるの」な状況なわけでして...


quickey.vimはライブラリでなくマッピングなので余計わかりづらいと思います。
「.vimrcをクリーンにするためにプラグインにしてしまった」ようなものですし。


なのでようするに「なにをするのか」が明確なプラグインとして切り出そうかなーとか思ってます。暇があれば。
ウインドウ関連のマッピングが多いのでそういうくくりにするのもいいですね。