iTunesの曲を全部Ubuntuの方に移動した

iTunesの音楽ファイルさえどうにかUbuntuに移行できたら
バックアップが必要なファイルは全てUbuntuに持ってけるのでいろいろ試行錯誤してた。


まず選択肢としてiTunesサーバというものも検討した。

おおまかな手順
OS X ハッキング! (101) iTunesの共有機能、再び | マイナビニュース

iTunes 10でmt-daapdを使うにはパッチを当てる必要がある
http://d.hatena.ne.jp/tom_n0107/20100917/1284682277

パッチを当てる手順
How to Fix iTunes 10 Break Firefly / mt-daapd


追記: 記事が追記されてました。引用します。

10月03日追記

この問題は、『iTunes 10.0.1』にて改善しています。

表示されない場合は、使用中のiTunesのバージョンを確認してください。

http://d.hatena.ne.jp/tom_n0107/20100917/1284682277

というわけでパッチを当てなくてもよくなったみたいです。


だけどプレイリストを認識してくれなかった。
設定ファイルとか見ただけだと使える*1ようだけど、わからなかったのでパス。
あとこれは多分iTunesが悪いと思うけど、CDからiTunesエンコードしたファイルがことごとく化けてた。
たぶんmp3タグの文字コードが違うとかだと思う。


で、それなら音楽ファイルをUbuntuに置いちゃって、
samba経由でアクセスすればいいじゃんと思い立った。

さっそくiTunesの音楽ファイルを全部Ubuntuの方にコピーして
「フォルダ→ライブラリ→プレイリストをインポート」
からiTunes Music Library.xmlってファイルを読みこませたりいろいろしたんだけど、
パスが違うからか結局一部の曲が認識されなかったりしたので
結局プレイリストを全部捨ててsamba上からフォルダをiTunesにドラッグドロップして無理矢理移行した。

自分の環境

  • 「編集→設定→詳細→[iTunes Media]フォルダーを整理」をオン
  • 「編集→設定→詳細→ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダーにコピーする」をオン

上の設定してない人は音楽ファイルがiTunesのとは別のフォルダにあったりするかもしれないのでコピーする際注意。

あと今回音楽ファイルをUbuntuに移動するので
[iTunes Media]はsamba上のフォルダ*2を指定した。

結果

sambaの転送スピードがちょっと遅いけどまぁだいたいうまくいったので満足。
iTunesで操作する時ちょっとイラっとするかも。
流しっぱなしにしてる分には音切れとかもなく全然問題なし。

*1:iTunesのプレイリストのファイルを認識してくれるみたい

*2:\\samba\dir\music みたいなパス