ウィンドウを閉じることなく、ファイルを削除する

タイトルは以下の記事からのパクリです。
Vim でウィンドウを閉じることなく、バッファを削除する - すぱぶろ

バッファじゃなくてファイルだけど、自分も似たようなの定義してるので晒してみる。

コード

つかいかた

" filename-modifiersが使える
:Delete %
" それをすてるなんてとんでもない!(自分はバージョン管理してるから問題ないけど)
:Delete ~/.vimrc

せつめい

もともとはファイルの削除をVimからやりたくて定義したんだけど、
ファイル削除したあとできれば安全のためにバッファには残しておきたいなと思ったのでそんな風な挙動になった。
s:cmd_del_file()関数のdelete_bufferって変数が真ならバッファも削除する。
これは「:Delete! %」のようにbangをつけることでオンになる。