auth-client-config

前回の記事で未検証だったauth-client-configを試した。
前回の記事の設定(と/etc/auth-client-config/profile.d/にある設定ファイル)を元に設定ファイル作ってみた。

以下のファイルを/etc/auth-client-config/profile.d/my-ldap-configに置いて、

$ sudo auth-client-config -a -p my_ldap

とすれば前回変更した/etc/nsswitch.confとか/etc/pam.d/*が変更される。

$ sudo auth-client-config -a -p my_ldap -r

とすれば元に戻せる。すばらしい。


ufwとか、Ubuntuについてるコマンドは直感的ですばらしいと思う。
Debianの方をLDAPクライアントにすることがあればぜひインストールしてみたい。