オレオレ短期記憶術

普通「記憶術」と言えば長期記憶に残すためのノウハウだったりすると思いますが、
自分は短期記憶が心配なので、自分なりに「短期記憶術」というのを編み出してみました。
といっても単純すぎるほど単純で、メモしたいことをキーワード化して、それを頭の中で反芻するだけです。


例えば、風呂場で超もの凄いアイデアを思いついたとします。TODOタスクでもいいです。
例として「Vimプラグイン(hoge.vim)についてブログ書く」「照明買ってくる」「明日のスケジュールをGoogleカレンダーに登録」という3つのタスクを思いついた(思い出した)とします。
それを「hoge.vim」「照明」「スケジュール」など、それぞれのエピソードを思い出せるレベルでキーワードを抜き出します。(「ブログ」だと何のエントリなのかわからなくなるので、具体的なキーワードの方がいいです。)
そしてそれを頭の中で反芻します。(hoge.vim、照明、スケジュール。hoge.vim、照明、スケジュール...)
自信がなければ口に出して反芻します。
すると風呂から上がって「何思いついたんだっけ?」と思っても、「そういえば『hoge.vim、照明、スケジュール』とつぶやいてたな」と思い出せるようになります。


単純すぎて言うまでもなくやってる人もいるかもしれませんが、自分はこの方法を試してから風呂場で思いついたことを忘れることがほとんどなくなりました。
自分はこの方法で5個ぐらいのアイデアなりタスクを安定して思い出せるようになりました。
風呂に入ってる間くらいだったらこの方法で間に合う気がします。

また聴覚優位でなく視覚優位の方であれば、反芻するのではなく、情景を思い描く(あるいは思いついた言葉をテキスト化してさらに画像にしたものを思い描く)といいかもしれません。
ぜひ試してみてください。