読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rsyncサーバ立てる時はuidとgidに気をつける

読み書きするのにroot権限が必要なファイルを転送する場合は、rsyncd.confに

uid = root
gid = root

のように書く。


デフォルトでは

uid = nobody
gid = nogroup

のようになってるので、
転送先で所有者がrootだったファイルがnobodyになってたり、
所有グループがrootだったファイルがnogroupになってる場合は冒頭のように指定すればいいです。


もちろん一時的であればいいですが、rsyncサーバを恒久的に立てる場合は、uidやgidの権限を最小限のものにしましょう。