読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Alt-Spaceでウインドウのメニューを表示、あとウインドウの最大化

※この記事はVim Advent Calendar 2012の252日目の記事です。


Vimでも<C-s>で保存がしたい! - Humanity ではで保存を行う設定を紹介しました。
GUI関連の設定つながりということで、今回は

  • Alt-Spaceでウインドウのメニューを表示
  • ウインドウの最大化

をする設定を紹介したいと思います。


WindowsではAlt-Spaceキーを押すとウインドウのメニューが表示され、最大化や最小化を行うことができます。
しかしVimではあのウインドウのメニューをデフォルトで表示することができません。
これはVim固有のマッピングとして使えるようにするためです。


しかし、ウインドウのメニューを表示させたい人もいると思います。
ウインドウのメニュー:simaltコマンドを使います。
このExコマンドはWindows版でしか使えません。

if has('gui_running') && (
\   has('win16') || has('win32') ||
\   has('win64') || has('win95'))
    nnoremap <M-Space> :<C-u>simalt ~<CR>
    command! FullScreen :<C-u>simalt ~x<CR>
endif

詳しくはhelpを見てもらうとして、ここではマッピング1つとExコマンド1つを定義しています。

  1. でウインドウのメニューを表示
  2. 「:FullScreen」でウインドウを最大化
    • Kaoriya版ではscrnmode.vimというプラグインが付属されていて、追加でプラグインを入れなくても「:FullScreen」コマンドを使用することができます
    • しかしKaoriya版の「:FullScreen」ではスクロールバーなども取り去り、可能な限りバッファ領域を最大化できるようになっています