ディスプレイ間を行き来できるSynergyが有料化していたので$4.99 USDで買った

タイトルの通りSynergyを買った。
PayPal経由での支払いで、特に面倒な事なく即座にダウンロード出来た。
(ちなみに「もしかして$4.99(USD)ってディスプレイごとに必要なのかな?」とか思ったけどそんな事はなかった。まぁ当たり前か)


で、以前のSynergyでは(私が試した限りだと)Windowsだと、
クライアント側でUACダイアログが出た瞬間にクライアントに繋げなくなる、という事象が起こっていた。
しかし今のバージョンだと、下の画像の「Elevate」のチェックボックスをオンにして
「Apply」ボタンを押せば、クライアント側でUACダイアログが出たとしても繋げるようになっていた。

実を言うとこのチェックボックスは(確か)前からあったが、
前のバージョンだとうまく動作しなかったので、直ったのは結構うれしい。*1

不満

と、UACダイアログの問題が解消したのはよかったのだけど、いくつか不満もある。

  1. UACダイアログが出た後、クライアント側に繋がるまでにタイムラグがある
    • 実を言うとクライアントに繋がる事には繋がるが、2秒程度のタイムラグがある
    • そもそもSynergyと関係なく、WindowsUACダイアログが出るまでにもタイムラグがあるので、これは仕方ないのかも
  2. クリップボード機能が動作しない
    • 結構これが致命的で、わざわざDropboxにテキストファイルを置いて、Dropbox経由でやり取りしたりしている
    • なので画像とかテキストファイル以外のコピペはファイルを作成しなきゃならなかったりして余計面倒
    • これって以前のSynergyでは出来なかったっけ?デグレ
    • テキスト形式のみサポートしているようだ。テキストをコピーしたつもりがテキスト形式じゃなかったようで、一旦「Win+R→Ctrl+V→Ctrl+A→Ctrl+C」したら貼り付けられた。

そういえば暗号化とログ出力にも対応してた(追記)

*1:UACダイアログ出た時用にちまいキーボードを繋げて対処してた(残念感)