VimプラグインのGitHubでのブランチ運用について (2)

tyru.hatenablog.com

またもや上記記事からポリシーを変更することになった。

ブランチの運用についての点で、feature や fix には当てはまらない変更はどういうブランチ名にすればいいか?というのが分からなかったので、もう PR に「[New] Add xxx feature」や「[Fix] Fix xxx bug」のようにラベルを含めれば良いんじゃないかと思った。 つまりブランチ名はもう完全に自由にしてしまって、botChangelog生成と言っていたけど、それをブランチ名から情報を取得するのではなくPRのタイトルから取得するように決めた (といってもまだbot作ってすらないけど…)。

「feature や fix には当てはまらない変更」というのは例えば既存機能を廃止/削除する (互換性を無くす) 変更とか。 [Breaking Change] というのは長い気がするけど、まぁ既存機能の削除はそれぐらい目に付くほうが良さそう。 ちなみにこれらのPRのタイトルに含まれるラベルが表示される場所としては以下のような場所があると思っている。

  • git log
  • GitHub
  • vim.org のリリース欄 (前の記事でも書いたけど bot により changelog は自動生成する予定)

ちなみにリリースの変更に対してラベルを付けるアイデアはありふれたものではあると思うけど、自分は Subsonic の Changelog で初めて見た。

関連リンク

github.com