最近知った top コマンド tips

今更すぎるけど便利だったので。

top で起動した後に M でメモリ使用量が多い順にソートできる。 P で CPU 使用率。 そしてさらにデフォルトではプログラムの引数は表示されていないが、c と打つと表示できる。

例えば KVM 上で動かしている VM のプロセスをメモリ使用順に並べたい場合、 top で起動した後に M でソートしただけだと VM のプロセスは全て qemu-kvm としか表示されないが、 c を打つと引数も表示されるので何の VM か分かったりする。

  PID USER      PR  NI    VIRT    RES    SHR S  %CPU %MEM     TIME+ COMMAND
25165 qemu      20   0 3728792 2.960g   7532 S   4.3 19.2 208:59.85 qemu-kvm
25569 qemu      20   0 2679196 1.929g   4488 S   2.6 12.5 158:59.49 qemu-kvm

これが c を押すと

  PID USER      PR  NI    VIRT    RES    SHR S  %CPU %MEM     TIME+ COMMAND
25165 qemu      20   0 3736988 2.960g   7532 S   5.0 19.2 208:57.08 /usr/libexec/qemu-kvm -name vm1 -S -machine pc-i440fx-rhel7.0.0,accel=kvm,usb=off -m 3072 -realtime mlock=off +
25569 qemu      20   0 2679196 1.929g   4488 S   1.0 12.5 158:58.94 /usr/libexec/qemu-kvm -name vm2 -S -machine pc-i440fx-rhel7.0.0,accel=kvm,usb=off -m 2048 -realtime mlock=off+

こうなる。