イデアというのは、本当に強制的なプレッシャーとは無関係に生み出されるものだなぁと思った。
よく人間は足りない何かが出来ると、それを埋めるために何かを作り出すといったことを聞く。
あくまで自分の考えだけど、その考えた人は
何か生み出さなければならないといったプレッシャーとは無関係な状態にあったんじゃないかと思う。
無関係な立場、じゃなくて無関係な状態と書いたのは、
その人が「一時的に」そういう精神状態にあったということを言いたかったから。
そもそも無関係な立場だったらアイデアは生み出されないだろうし。


無関係な状態っていうのは、例えば寝る直前にぼーっとしてた時とか。
自分はよく寝る前に何か思いつくことが多いと思う。
で、わざわざ夜中に起きて紙にメモしてたんだけど
iPod touchを買ってからそれもなくなった。

紙にメモするのはたぶん今後もするだろうけど、
起きてPCの前に座ってる時とかに限定されると思う。
notepad.exe開いてメモするのもいいけど紙に書いたほうが手っ取り早いし。


イデアの話がいつの間にか自分のメモについての考察になってた不思議。
でも話題を人間がアイデアを思い付くまでのきっかけとそれについての考察に戻したところで
僕の言うことは何もないので、とりあえずこれで終わりにする。




※この文書は夜寝る前に作成されたので文体がやや中二風です