【生まれてきて】Vimの作者のBram氏がZimbu言語というものを作成中→僕の間違いですでに2009年に始まったプロジェクトだった【ごめんなさい】

追記1-1

えーどうやらZimbuは2009年に始まったプロジェクトであり今始まったものではありません。
もし混乱された方がいたらすみません。
現在でも順調にコミットされ続けていてVimがZimbuで書き換えられる日が来る、またはVimを越えるエディタがZimbuで書かれる日がくるかもしれませんね。とりあえず泣きたい。

追記1-2

2009年というのも怪しいという意見が。
ドメイン自体は2006年からだったらしい。
Bram氏があらかじめとってたとか?

@tyru zimbu の 2009 年ってどこから出てきたんでしょう? もっと前からありそうですが…。

フェリス・シルヴェストリス・カトゥス on Twitter: "@tyru zimbu の 2009 年ってどこから出てきたんでしょう? もっと前からありそうですが…。"

@tyru ちょっと調べてみたんですけど、よくわかりませんでした。ドメインが2006年からあるようなので、きになったんです。

フェリス・シルヴェストリス・カトゥス on Twitter: "@tyru ちょっと調べてみたんですけど、よくわかりませんでした。ドメインが2006年からあるようなので、きになったんです。"

僕が日付を知ったのはid:uasiさんから教えてもらったint always 32 bits on all platforms?だったのですが、文脈的にリリースしてから時間が経った後のような気がしますね。

本文

コンテキストとか経緯とかまったくよく分からないですが。
まず初めに知ったのはid:uasiさんの呟き。

Vim の作者が Zimbu という言語を開発しているようだ http://www.zimbu.org/ 。見た目のキメラっぷりがやばい http://www.zimbu.org/Home/unix-echo-example

南無阿弥LOVE CHU♡ on Twitter: "Vim の作者が Zimbu という言語を開発しているようだ http://www.zimbu.org/ 。見た目のキメラっぷりがやばい http://www.zimbu.org/Home/unix-echo-example"

...!!??? RT @uasi: Vim の作者が Zimbu という言語を開発しているようだ http://www.zimbu.org/ 。見た目のキメラっぷりがやばい http://www.zimbu.org/Home/unix-echo-example

http://twitter.com/tyru/status/12696846026

どういうことなの...

http://twitter.com/tyru/status/12696850537

Bram...FORとかTRUEとかFUNCとか...それは置いといてどういった理由でプログラミング言語なんか作り始めたんだ...

http://twitter.com/tyru/status/12696884855

Vimだけで手一杯な印象を受けてたけどそうでもなかったのか...

http://twitter.com/tyru/status/12696899619

じゃあ予約後が大文字だったりして、なのに型はboolとか小文字なことに改めて突っ込むけど、いややっぱいい、えーとなんだろう、よくわからない

http://twitter.com/tyru/status/12696966841

アワワワワワワ

http://twitter.com/tyru/status/12697595979

その後Lingrでも慌ててURLを貼り付けるのにもミスったりアワワワワワワしてました。
現在もアワワワワワワしながらエントリ書いてますが。

なぜここまで動揺したのか

見た目。とあと意外性。これに尽きる。
予約後らしきものが全て大文字だしネタとしか思えなかった。
BASICとか大学の受験に出た位なので...そういう世代なので...
あと意外性は、上でも言ったBramがVimで手一杯な印象を受けてたから。

簡単な翻訳 だったけどid:uasiさんとid:liangtai-s4さんが直してくれたおかげで素晴らしい訳ができた

トップページをちょこっとだけ。
興奮しすぎて訳適当ですが。
多分かなり間違ってると思うのでその場合forkしてくださるとうれしいです。

追記2-1 : id:uasiさんが色々直してくれた!!
追記2-2: マージした!!
追記2-3: id:liangtai-s4さんの直してくれたのもマージした!!まさかGIMPのドキュメントの日本語訳をやっている方に添削してもらえるとは思ってなかった!変更点を見て色々流石と思った。