読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlockingQueueメモ

前回の記事で@kaoriyaさんに教えてもらったBlockingQueueについて。

tyru.hatenablog.com

 

notify()/wait()にしてもLock/Conditionのsignal()/await()にしても、待つ前に通知されてしまうと通知を取り逃がしてしまう問題がある。
そこでBlockingQueueを同期化のためのオブジェクトとして使う。
これによって

  • 通知を取り逃がしてしまう事なく
  • Spurious Wakeupを意識する事もなく?(要出展)

スレッド間の同期を行う事ができる。
また、当然キューなので、Producer/Consumerが1対1でない場合にも使える。

特にBlockingQueueの中でもSynchronousBlockingQueueはGoのchannelのように使えて大変便利。

notify()/wait()とBlockingQueueによる同期はUDPTCPの違いに似てるかも。
かたや投げっぱなし、かたや必ず通知を受け取り、Spurious Wakeupの影響も受けないとすれば内部的にTCPみたいにちゃんとリトライ*1も行っているんじゃないだろうか(あくまで予想)。

 

気になること

  • 各BlockingQueueの実装(及び各JDKによる実装)においてどれぐらい速度差があるのか
  • BlockingQueueはSpurious Wakeupの影響は本当に受けないのか(実装による気がしていて、おそらく仕様としては含まれていない)

 

Spurious Wakeupについて

 とのことです。

*1:実際は単なるループでのチェック