キーボードをUS・JIS配列にする / Apple Wireless Keyboard関連の設定

BluetoothApple Wireless Keyboard(JIS)をずっと前に買ってたのだけど、外で操作することも多いので、ずっとこの軽くて水洗い可能な英語配列のキーボードを使っていた。母艦はWin8.1タブレット
ただ、Escキーがないという事とキーが小さいことが難点だった。
前者はまぁVimなら<C-[>を使えばいいし、むしろその方が手の移動も少ないので合理的なのだけど、慣れでずっとEscキーを使ってたのでいい訓練になった。
キーボードをブラインドタッチで打てるよう練習した頃や、矢印キーの代わりにhjklキーを使うようスパルタ式に覚えた頃の自分を思い出したりした。半分嘘。
あとJIS配列のApple Wireless Keyboardを使おうと思ったきっかけは、職場ではJIS配列なので誤爆しまくったからというのもある。

以下の記事でキーボードごとの配列の設定ができるようだけど、

で、レジストリ変更して再起動してもなぜか上手くいかなかったので、諦めて以下のグローバルな設定を適用したらいけた。

キーボードの配列を日本語←→英語に変更 at SE の雑記

元記事でも触れられていたが、バッチファイルか何かでUS/JIS配列を切り替えられると便利そう。
数行だけど必要になったらその時にでも書く。もう当分その時は来ないような気がしてる。

Apple Wireless Keyboardで日本語入力をもっと使いやすくする

以下のAutoHotkeyスクリプトを常駐させた後、

ww24.jp

自分の場合は標準のMicrosoft IMEをそのまま使っているので、以下の設定を変更してMac風にIMEを切り替えられるようにした。

www.karakaram.com