uim-tomoe-gtkをソースコードからLinuxMint 14にインストールした

手書き認識的なアレができる。
どんなものかは公式ページとか他にインストールしている方がいるのでそちらを。

環境

LinuxMint 14 Cinnamon

uimuim-skkのインストール

sudo apt-get install uim uim-skk

してログアウト&再ログイン。
すると何もしなくてもuim-systrayがGNOMEツールバー上にあるはず。ツールバー上ではなく、小ウインドウ的に表示させたければ次のコマンドを実行して「uim-toolbar」を選ぶ。

$ sudo update-alternatives --config xinput-ja_JP
alternative xinput-ja_JP (/etc/X11/xinit/xinput.d/ja_JP を提供) には 4 個の選択肢があります。

  選択肢    パス                                  優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /etc/X11/xinit/xinput.d/uim-systray      40        自動モード
  1            /etc/X11/xinit/xinput.d/uim              30        手動モード
  2            /etc/X11/xinit/xinput.d/uim-systray      40        手動モード
  3            /etc/X11/xinit/xinput.d/uim-toolbar      30        手動モード
  4            /etc/X11/xinit/xinput.d/uim-toolbar-qt   30        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

tomoe-gtkuim-tomoe-gtkのための事前準備

uim-tomoe-gtkからインストールし始めたけど、後々tomoe-gtkが必要だと分かったのでどのパッケージがtomoe-gtkuim-tomoe-gtkどっちのパッケージに必要かは分からなくなった。

$ sudo apt-get install libtool intltool gtk-doc-tools libuim-dev libtomoe-dev

tomoe-gtkをインストール

uim-tomoe-gtkに必要。これがないと./configure時にエラる。

Subversionでダウンロードする場合
$ svn checkout svn://svn.code.sf.net/p/tomoe/code/tomoe-gtk/ tomoe-gtk
Git(git-svn)でダウンロードする場合
$ git svn clone -s svn://svn.code.sf.net/p/tomoe/code/tomoe-gtk/ tomoe-gtk


ダウンロードしてきた後、./autogen.shを実行してconfigureを生成。

gucharmapは自分の環境だとgtk-3-devに依存しているlibgucharmap-2-90-devしかインストールできず、Gtk3に依存しているためuim-tomoe-gtkの起動時に「(uim-tomoe-gtk:3091): Gtk-ERROR **: GTK+ 2.x symbols detected. Using GTK+ 2.x and GTK+ 3 in the same process is not supported」とか言われる。なのでインストールはしない。*1
Pythonバインディングもインストールしようとするとエラるしいらなそうな気がしたので除外。

$ ./autogen.sh
$ ./configure --without-python --without-gucharmap && make

自分の場合はパッケージとしてインストールしたいので、checkinstallというツールでインストールする。(--fstrans=noは付けないと失敗する時があるのでおまじない的なもの...)

$ sudo checkinstall --fstrans=no make install

uim-tomoe-gtkをインストール

Subversionでダウンロードする場合
$ svn checkout svn://svn.code.sf.net/p/tomoe/code/uim-tomoe-gtk/ uim-tomoe-gtk
Git(git-svn)でダウンロードする場合
$ git svn clone -s svn://svn.code.sf.net/p/tomoe/code/uim-tomoe-gtk/ uim-tomoe-gtk


ダウンロードしてきた後、./autogen.shを実行してconfigureを生成。

$ ./autogen.sh
$ ./configure && make

自分の場合はパッケージとしてインストールしたいので、(ry

$ sudo checkinstall --fstrans=no make install

*1:そもそも/usr/lib/pkgconfig/gucharmap-2.90.pcにインストールされるが、tomoe-gtkは/usr/lib/pkgconfig/gucharmap-2.pcを参照しているためsymlinkを貼る必要があった